こじらせ女子が流行った理由

草食系男子やゴリラ系女子など、
男子女子に関するカテゴライズが流行していますが、
その中にこじらせ女子というものがあります。

こじらせ女子はAVライターである雨宮まみが出版した
女子をこじらせてという本から流行ったもので、
世間一般的なイメージのかわいい女子に
自分を当てはめることができない女子のことを指します。

外見上がかわいくないというわけではなく、
むしろかわいらしい女子が多いのですが、
自分の女子性に自信を持つことができないので、
甘えたりすることができず、自分を演出することができます。

こじらせ女子は様々なタイプがあります。
例えば、ひきこもり型、婦女子型、
やまとなでしこ型、婚活疲れ型などです。
こじらせ女子が流行った理由としては、
共感しやすいことがあげられます。
実際にインターネットなどでは共感している女性が続出しておりますが、
この理由は現代社会がこうした自意識を
持ってしまいやすい土壌だからとされています。

例えば、こじらせ女子にいたるプロセスに現実の恋愛をせずに、
漫画などに自分の恋愛を投影していくというものがありますが、
これも人と接することが怖かったり、
傷つくことを極端に避けるという
現代人の気持ちが影響しているものと考えられます。

こじらせ女子でも出来る美容

こじらせ女子の最大の特徴は、自分に自信がないことです。
どうせ私なんかが口癖になっていて、
女性として魅力がないと思い込んでいる性格であることが多いです。
せっかく褒めてくれる人がいても、
信じることが出来なくて、否定したりします。

このようなこじらせ女子である場合、
美容についてほとんどしていないという事も多々あります。
しかし、こじらせ女子でも出来る美容というものがあるので、
行ってみるようにしましょう。

まず、髪のケアです。
美容院などに行くことが滅多にないような場合は、
思い切って行くようにします。
きれいにヘアスタイルを整えた上で、
しっかりと髪の手入れをするようにしましょう。
シャンプーやトリートメントをきちんと行うようにすることで、
美しい髪を手にいれることが出来ます。
女性としても自信がついてきます。
また美肌にこだわってみましょう。
青森一人気の脱毛などのサロンに行って自分磨きをしましょう。

スキンケアもきちんと行うようにします。
肌にあった化粧品を選んで、しっかりと手入れしていくようにしましょう。
こんな高価な化粧品を使うのは気がひけると思う
こじらせ女子は多いかもしれません。
そのような場合は、安いものでも良いので、
たっぷりと使うようにしましょう。
また、メイクもしっかりとするようにした方が良いです。
メイクをすることで自分に自信がもてるようになります。
やり方に自信がない場合は、
化粧品コーナーなどで教えてもらうようにしましょう。

このように、こじらせ女子でも出来る美容は色々なものがあります。

○○女子の種類

草食系男子やロールキャベツ系男子を筆頭に、
性別に対するカテゴライズが多数登場してきています。
女子に関する○○系もたくさん存在し、
○○女子の種類は多岐にわたっています。

一番有名なのが肉食系女子です。
これは呼んで字の如く、男性に対して積極的で、
恋愛にガツガツと行く女子のことをあらわします。

その対の存在が草食系女子です。
これは、恋愛に消極的で
あまり興味がなく一人でいることが好きな女子です。
次に、サブカル系女子があります。
若手人気バンドの曲名にもなっていますが、
サブカルチャーを好む女子のことです。

次に、文化系女子があります。
これは読書や映画鑑賞などインドアの趣味を好む女子のことです。
また、うさぎ系女子やペンギン系女子、犬系女子、猫系女子のように、
動物に喩えるものも存在します。

うさぎ系女子は寂しがりやで彼氏にべったりの女子をいい、
ペンギン系女子は何事にも冷静で現実的な女子をいいます。
また、犬系女子は、犬のように実直で
感情をありのままにあらわす女子のことをいいます。

猫系女子は、猫のようにベタベタせず、
甘えたいのに我慢をしてそっけない態度をとる女子のことをいいます。

その他、○○女子には、
クリーミー系女子、アスパラベーコン女子などの種類があります。

卑屈なこじらせ女子

「こじらせ女子」とは最近よく聞く言葉ですが、
昨年の流行語大賞にもノミネートされている流行語です。
2011年にAVライターの雨宮まみさんが
発表した自伝的エッセイ「女子をこじらせて」が話題となり、
こじらせ女子という言葉が知れ渡りました。

人気女優綾瀬はるかさんが主演するドラマで、
こじらせ女子を演じたことでも話題になりました。
こじらせ女子の特徴は、自分の女子力に自信がないという点です。
美人不美人であるとか本人の能力、他人の評価ではなく、
あくまでも自分に自信が持てない内面の問題なのです。

こじらせ女子がつぶやかずにはいられないワードの一つが
「私なんて」というワードです。
私なんてどうせダメ、私なんて出来るわけがない、
私なんてなにをやってもダメ、
など卑屈な感情のオンパレードに陥りやすいのです。

悩み

特に恋愛部門での自信のなさが際立ち、恋愛下手な女性が多いです。
男性から思われても、なぜ私なんか好きになったのだろうと
疑惑の目を持ち、恋愛がうまく行かないと
どんどん卑屈になってしまうのです。
自分に自信がないゆえに、
幸せに素直に向っていけないところがあるのです。
甘え下手で意地っ張りで自虐的で卑屈、それがこじらせ女子です。

あまりこじらせ過ぎると、家に引きこもったり、
リアルな恋愛を諦めて現実逃避の世界に生きたりすることがあるので、注意が必要です。

こじらせ女子からの脱却

こじらせ女子はAVライターの雨宮まみの著書である
女子をこじらせてという本が由来です。
この考え方に共感する人がとても多く、
流行語大賞にもノミネートされた言葉です。

こじらせ女子は、自分の女性性に自信を持つことができず、
恋愛などもうまくできない女子のことを指します。
本来的にモテているか、モテていないかといったことは関係なく、
むしろお洒落でかわいらしい女子も珍しくありません。

こじらせ女子

こじらせ女子になってしまう原因は、過去の恋愛にあるようです。
過去に恋愛で深く傷ついてトラウマになってしまい、
自分自身の女性らしさに自信をもつことができないということです。
この思いを引きずり続けて女子をこじらせてしまうのです。

こじらせ女子からの脱却は、まず素直になることです。
こじらせ女子は男性から褒められたりすると、
何か他意があるのではないかと勘繰ったりしてしまいますが、
こうした言葉を素直に受け取ることが
こじらせ女子からの脱却の第一歩です。

また、自分自身にも素直になりましょう。
自分自身がこうしたいという気持ちを恥ずかしがって
外に出さないのはもったいないことです。
恥ずかしいと思わず自分に正直に振る舞うということが
なによりも大切となるのです。

こじらせ女子とは?

こじらせ女子とは一言で表すと
自分の女性性に自信がもてない若い女性のことをさします。
特徴としては、スカートや淡い色などの
女性らしいファッションやメイクが苦手で、
恋愛に消極的であることがあげ、
年齢層は20代後半から30代前半の結婚適齢期の女性が多いです。
結婚や出産など女性としての人生を強く意識させられる
年代の女性が一番悩みやすいからです。

こじらせ女子でも種類がわかれており、地味な雰囲気の人もいれば、
第3者から見ても華やかで美人な人も含まれることがあります。
外見が美人でも本人が自分の女性としての魅力に自信があまりなく、
卑屈になる場合はこじらせ女子となります。

こじらせ女子は外見にかかわらず
自身の魅力に自信を持っていないので恋愛など上手くできません。
ですのでミュゼ名古屋などに通うことにより女子力をあげて、
こじらせ女子から脱出しましょう。

最近は、このようなこじらせ女子をテーマにしたドラマも放送されたり、
こじらせ女子とは何かというテーマで雑誌の特集が組まれるなど
世間でも認知されるようになりました。
女子力が低い「干物女」や外見や内面が男性化している女性を
表現した「おやじ女子」などがあります。

こじらせ女子は、干物女やおやじ女子と違う点は、
外見だけでは見分けがつかないところです。
あくまで本人自身が自分の女性性を受け入れているかどうか
内面がポイントとなってくるからです。

こじらせ女子の多くは、思春期の頃に異性に外見をけなされたり、
恋愛に失敗したなどのトラウマからなるケースが多いです。

近年こじらせ女子が増加中・・・ひょっとすれば私もかもという人のためのサイト